FC2ブログ

グリザイアの果実を終えて

 最早一ヶ月以内に日記を一度以上書くことが稀になってしまったなぁと。

 さて、タイトル通りグリザイアの果実を終えました。
 毎度おなじみネタバレにならない程度に感想を書いていきます。

 全体として訳ありなヒロインを主人公が身をもって救っていく話です。
 そこには主人公の仕事の関係もあり、軍系や国のお話も入ってきますが、基本は上記が主線。

 そして、各ヒロインのシナリオの感想。
 感情移入のし過ぎで後半、涙が出てきたのはみちるのシナリオ。
 全体通して泣きかけたのは幸のシナリオ。
 切ないのは間違いなく蒔菜のシナリオ。
 感情移入し難くしかし完結していたのは榊のシナリオ。

 最後に、一番好きで泣いたし良かったのは天音のシナリオ。

 色々と深く主人公の事情とも関係する為に、先を想像するとかなり心を締め付けられました。
 極限状態の人間の行動状態とか、ともかくシナリオ内に散りばめられているパーツからの裏読みが楽しくて仕方がなかった。

 とまぁこんな感じで続編に続く訳ですが。
 続編となる『迷宮』への伏線か、色々と解決していない問題を残したまま本編は終了します。
 『迷宮』は各ヒロインのアフターと主人公の過去話がメインみたいです。
 こいつは楽しみだ!

 間違いなく今年一番のゲームでしょう。(今年プレイした中では)
 そりゃアワード1位に選ばれますわ(笑)

 では、こんな感じで筆を置かせて頂きます。
スポンサーサイト



グリザイアの果実

 良い作品に出会えることは一つの運であり、縁でもあると思っています。
 まぁ固い話をする訳ではなく、今までプレイしてきたゲームを考えると純粋に『良かったわぁ。満足だわぁ』と思える。そんなゲームに出会えることへの感謝と言いますか。

 実は今年は幾つかゲームをプレイしていたのですが、システムにしろストーリーにしろ満足するものが中々無く、『今年は不作かな?』と思っていました。(演出は良い物は割りとありましたが(笑))
 そんな中、現在プレイしている『グリザイアの果実』が中々どうしてボリューミーで面白い。

 ゲームの内容は各自調べてもらうにして、ともかくストーリーの密度と量の濃さ。
 時折入るデフォルメキャラによる映像演出。
 言うまでもなく美麗なグラフィック。
 UI面もデザインと機能が分かりやすく、世界観を出している。

 そして何より『プレイしていて考えさせられる』これに尽きる。

 日々生きれば自ずと色々な物に出会う訳ですが、だんだん同じ様な展開や結末が多くなってきます。
 一番読後感として嫌いなのは『あのゲームや小説、漫画と似てる』と思った時です。
 その時点で脳内の記憶処理が『個』ではなく『同一の集まり』へとその作品を『仕舞って』しまいます。

 その点『グリザイアの果実』は久しぶりにキャラ一人一人のルートが考えさせられる。
 先読みをした未来通りだったり、ばっさり裏切ってくれたり。
 BAD ENDがあったり。
 そのENDを迎えても『行く意味のあるEND』であるということ。

 まだ2キャラしか攻略し終えていませんが、これだけ書きたくなるのは本当に久しぶり。
 更に続編が来年の1月に発売。
 まぁ……大抵の2つ目というのは外す率が高いけども、これはリピーターになる価値がある。
 そんな感じで一つ。

 これからも良い作品に出会える運と縁を手繰り寄せていきたいですね。